FANZAラブAV

FANZAの新着AV動画をお届け!

「叔母さんと会ってムラムラしてすぐヤった話。」(ピエトロ)

叔母さんと会ってムラムラしてすぐヤった話。

叔母さんと会ってムラムラしてすぐヤった話。

サークル: ピエトロ
サークルHP:
発売日: 2019年01月29日 0時
ジャンル: 少年 母親 熟女 人妻 寝取り 巨乳/爆乳

■あらすじ
それはある昼間のデキゴトだ―。
ある少年とある年増の女が
二人きりでソファに座っている。
親戚の集まりで、
みな出払っていて
誰もいないガランとした空間で
シーンとした寂しい時間なのだ。
ちょっと気まずい時間だったが、
少年にとってそれは
この上ない最高にドキドキして
嬉しい時間なのだ。
なぜならその年増の女は
美人で巨乳の大好きな叔母だからだ。
 『ユリおばさん』。
まさにこの日は何年かぶりの
久しぶりに会えるその日だった。
大きくなったね、と
他愛のない会話もそこそこに
昔話にさしかかったその時だった、
少年は顔を赤らめながら
照れながらもじもじしているのだ。
 『ソウタくん昔おばさんと
  エ〇チな遊びしてたの覚えてる?』
 『え…?あ…いや…』
 『あのときおじいさんが邪魔しちゃったけど…』
 『アレのつづきしてみる?』
 『…え?』
と、突如少年のチ〇ポをにぎにぎと
さすったのだ。
 『ッ!!ちょっと…おばさん何やって…あぁ!』
少年は雷に打たれたような衝撃を受けつつも
なにが起こったのか分からず
一瞬の混乱が脳を震わせたがが、
チ〇ポに走る気持ちいい感触、
はじめて女性に触られる興奮に
勃起が勃起を生みそれが爆発しそうな
状態に数秒で達していた、
 『フフ…』
 『ソウタくん朝からおばさんの
  おっぱいとかカラダをジロジロ見てたでしょ?』
 『!…おっ…おばさん…』
 『ずっとエッチな気分だったの?』
そう、叔母は分かっていたのだ。
自分に興味を示してるソウタの心が。
エロい目で見てるその感じが。
そして叔母はその気持ちを察して
少年の好奇心と興奮に
どんどん応えていく。
ズボンをずらし、
赤く硬くなったウブなチ〇ポを
口にくわえシゴきはじめたのだった。
 『フ〇ラだった』
突如、フ〇ラをされた少年ソウタは
頭が真っ白になるほどの
混乱と気持ちよさが降りかかってきた。
ありえない。
しかし大好きな叔母との
セ〇クスに期待がふくらみ
ヤってはいけないと罪悪感の中、
おっぱい
オ〇ンコと
はじめてのエ〇チ体験が展開し、
童貞のソウタは、
大好きなユリおばさんの
パ〇ズリ騎乗位正常位バックに
徐々にオスの本能が目覚め、
ユリおばさんの熟れた
オ〇ンコに挿入れて挿入れて
挿入れまくったのだ。
そして、
最後に我慢の限界に達したソウタは
ヤってはいけない
ありったけの大量の精子を
おばさんの膣内にぶちこんでしまう―。
基本25p、差分総数50p、PDF同梱、
となります。よろしくお願いします。

叔母さんと会ってムラムラしてすぐヤった話。 叔母さんと会ってムラムラしてすぐヤった話。 叔母さんと会ってムラムラしてすぐヤった話。 叔母さんと会ってムラムラしてすぐヤった話。 叔母さんと会ってムラムラしてすぐヤった話。 叔母さんと会ってムラムラしてすぐヤった話。

「叔母さんと会ってムラムラしてすぐヤった話。」の続きはこちら

-ピエトロ
-, , , , , , ,